かわゆーいでそ 幾つになってもっていうか年齢を重ねるごとに癒しが必要ですね。
見ての安心感や心地よいさわり心地心がゆるみます。♪



【パントテン酸の役割】 の記事一覧


パントテン酸



パントテン酸が不足すると、皮膚や髪の毛のつやが悪くなったり、

筋肉痛や手足のしびれ、知覚異常、疲れやすい、

などの症状になることがあります。

パントテン酸は、補酵素としての働きをします。

副腎の働きを助けたり、副腎皮質ホルモンの合成を促進したりします。

この副腎皮質ホルモンは抗ストレス作用があります。

また、脂肪の消費にも役立ち、血液や細胞のなかにあって、余

分なコレステロールを回収してくれるHDLコレステロール
善玉コレステロールの生成を促進します。

さらに、パントテン酸はビタミンB2などと協力して、

脂肪酸などの体に必要な成分の合成と分解を促し、

皮膚や毛髪、神経組織を正常に保つ働きもあります。

このパントテン酸は、レバー、納豆、魚類、落花生など

多くの食品に含まれています。脂肪・糖質の代謝をしたい方、

また、妊婦・授乳婦などの方の栄養補給にも役立ちます。

パントテン酸は、ストレスに強い体をつくり、

善玉コレステロールを増やす働きがあるため、

多めにとりたい栄養素の一つです。ピカチュリンはアイの救世主 沖縄 長寿パワー

タグ:補酵素
アンチエイジングの鬼

アンチエイジングの鬼レシピ

アンチエイジング宣言!

アンチエイジング・ヘルスフード

エイジレス魔女の作り方

アンチエイジング・マッサージ

アンチエイジング教室

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。